レーシックの失敗例はクリニック環境が原因

レーシックのあまりにもひどい失敗例ですが、感染症に感染してしまうリスクはつねに付きまとうことになります。
特に多いのが角膜感染症と呼ばれているものであり、手術時に角膜に細菌やウイルスに感染をしてしまうのが原因となります。 レーシック手術を受けようと思った時には、まず最初にそのクリニックの評判や口コミ情報を参考にするようにしましょう。
大切な目を手術するのですから、最も信頼できて安心して手術を受けることの出来るクリニックをしっかりと選んでください。
フラップの作成やレーザーの照射時には角膜が無防備な状態となっているものですので、結果感染症にかかりやすくなります。
なので消毒や滅菌などがクリニックでしっかり実施されているかが選ぶポイントとなるのです。

 

レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっています。
このことから手術そのものの危険性と考えるよりも、クリニック側が大きな問題と言えるのです。



レーシックの失敗例はクリニック環境が原因ブログ:22/7/28

減量しようと考える方は少なくないようですが、
同時に減量に挫折してしまう人も多いようです。

減量しようという意思があっても、
できないのには、もちろん理由があります。

おそらく早く結果を出そうという
意識が強すぎるのではないでしょうか?

減量というのは、
食べる事制限があったり、体操をしなければならないとか、
結構つらいことが伴うものです。

だから減量は、できるだけ早く
終了したいという意識が働くのでしょう。

すると、
かなり過激な減量をしなくてはならなくなります。
極端に食べる事制限してしまうとか、過激な体操をするとか…

かく言うおいらも一度、
減量で失敗してしまった経験があります。
おいらの場合も、早くやせようという意識が強かったように思えます。

例えば、
今まで結構な食べる事の量をとっていたにもかかわらず、
かなり食べる量を減らしました。

また減量には体操だ!ということで、
ジョギングを始めました。

いきなり10kmぐらいは走ったでしょうか…
普段から体操をやっている人なら
それほどきつい減量メニューではないかもしれません。

ところがおいらは、
今まで体操をほとんどやったことがありませんでした。

身体にかなりの負担をかけていたのでしょうね。

今まで、貧血で倒れるという経験はありませんでしたが…
ところがちょっとしたことで
フラッとくるようになってしまったのです。

そこからのペースを
ゆっくり減量するようにしました。
そのときのおいらは、ちょっと無理をしていたようです。

おいらのケースだけかもわかりませんが、
いきなりアクセルを目いっぱい踏むというのは
ちょっと危険かもしれませんよ。


ホーム サイトマップ