目に疾患がある時のレーシック

レーシックを受けることの出来ないケースとしては、目に何らかの疾患を持っている時となります。
レーシックというのは、非常に敏感な部分となる目を取り扱っているために、治療を受けられる人に制限があるのは仕方の無いことなのです。 現在でもレーシックは大変人気のある視力回復方法となっていますが、これから先さらに人気が上昇していくことと思います。
より100%に近い成功率を目指して日々研究が進められてきていますのでもっとレーシック希望者が増えていくことでしょう。
目に何らかの病気や疾患があったり、特定の症状があったりする場合は、治療を断念になければいけないことがあります。
そのようなことはレーシックの事前検査でわかりますので、担当医に従う必要があります。

 

緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん。
また角膜疾患を起こす可能性のある薬を服用している方も断られてしまうことがあるのでご注意ください。



目に疾患がある時のレーシックブログ:22/7/31

頑張っているけど痩せない…
痩せたいと常に思いながらも行動がついてこない…
シェイプアップや食べ物のことが24時間中頭の中から離れない…
みなさんは、こんな経験ありませんか?

シェイプアップって、より良い自分になるための行動なんですから、
本来、やればやるほど人生が活き活きとするもの。
なのに、やればやるほど暗い気分になっていく…って、
悲しいですよね?

シェイプアップも成功せず、
気分も暗くさせるシェイプアップの典型的なパターンと言えば…

「痩せたら○○しよう!」
そう思ってシェイプアップを始めることってありますよね?

もちろん、シェイプアップに成功して、
痩せた後の自分に様々な期待を持つことは良いことですが、
その痩せたらする○○が、
痩せなくてもできることなら要注意なんですよね!

例えば…
「痩せたら同窓会に出よう!」
「痩せたら恋人を作ろう!」
「痩せたら就職しよう!」
「痩せたらオシャレになろう!」
「痩せたらスポーツを始めよう!」
…そう思ってシェイプアップをしている人がいるとします。

もちろんシェイプアップが上手くいけば、問題はありません。
でも、そうではないのなら…

もしかすると…
恋人がいないこと(作らないこと)、
就職できないこと(しないこと)、
スポーツしないことなどを継続するために、
シェイプアップを失敗させている、
もう一人の自分がいるかもしれないんですよね。

このように、
シェイプアップの失敗を
何かを「しない」ための道具として利用しはじめると、
当然シェイプアップは成功しませんし、
人生を好転させるチャンスまで逃すことになっちゃうんですよね!

嗚呼,気分爽快

ホーム サイトマップ