レーシックは妊娠中は避けるべき

レーシックの手術自体は、妊娠中や出産した直後でも、十分に受けることは可能となっているのです。
しかし一般的にはどのクリニックに相談を行ったところで、妊娠中や出産直後の方はレーシックを断られてしまうことがあります。 「もしメガネを必要としない日々を送ることが出来たら…」そんな夢のような思いを描いている人もかなり多いかと思います。
その夢を叶えてくれるのが話題のレーシックであり、高い確率で視力を回復することが出来るのです。
レーシックの手術が終わった後に使用される点眼は、少量ですが体内の赤ちゃんに吸収されてしまう可能性もあります。
ですのでどんなに妊娠中でレーシックが可能でも、出来る限り避けるべきだと言えます。

 

妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません。
授乳が終わった時期に、レーシックの適性検査を受けるようにしましょう。



レーシックは妊娠中は避けるべきブログ:22/8/02

シェイプアップ中、最も気をつけるべきなのは、
食べる事の内容ですよね?

いかに脂肪分の少ない、もしくは糖分の少ない
食べる事メニューにするかということに
苦心している人も少なくないことでしょう。


カロリーコントロールを常に心がけることは、
シェイプアップにとって、非常に重要なことではあります。

しかし一方で、
あまりにもストイックにシェイプアップ法を実践していると、
なかなか長期戦に耐えられなくなってしまうんですよね。

シェイプアップをしようという人は、
もともと食べることが好きな人が多いはずです。

食べることが好きだからこそ、摂取カロリーが多くなってしまい、
シェイプアップが必要な体型になるわけですから…

なので、食べる事を制限するということは、
苦痛になってしまう可能性が非常に高いといえます。

あまりに極端な制限をすると、
心理的なストレスを増大させてしまう恐れもあります。

そこで、シェイプアップ中でも、
定期的に力を抜く期間を入れる習慣をつけてみるのはどうでしょうか?

例えば、一週間に1回や2回、
自由に何を食べてもいいような習慣をつけてみることです。

一週間に何回か、
シェイプアップの厳しいメニューからいったん離れて、
自由に食べる事をすることができれば、
その日まで頑張ってみようという気持ちが起きますよね。

シェイプアップは先の見えない戦いですが、
自由な日を設定すれば、
そこまで頑張ってみようという気が起きるはずです。

一週間のうちに一回でも、
そういった日を設定すれば、先も見えるからです。

シェイプアップは長期戦です。

あまり最初からギアを全開にして実践をするのは長持ちしないので、
お勧めの方法とは言えません。


ホーム サイトマップ