あの松坂選手もレーシックを受けました

松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます。
このことは雑誌やテレビでも報道されているように有名な話なのです。 実際にレーシック手術をした後には、早ければ翌日には視力が回復し日常生活をすることが出来るようになります。
しかし人によってその回復力は様々であり、中には数週間経過した後に視力が回復するという例もあるのでご注意ください。
レーシックの手術の感想として松坂投手は「全然問題ないと言われていたし、しかも治療はアッという間に終了して苦痛もなかった」と報告をされています。
またレーシック手術後の感想としましては「全てがクリアに見えるようになり喜びを実感しています」と会見をしていました。

 

レーシックで0.05の視力が1.5まで回復した松坂投手も現在では、アメリカで大活躍をしています。
この活躍もレーシックをすることによって、視力が回復した効果もあるのではないでしょうか?



あの松坂選手もレーシックを受けましたブログ:22/5/13

わたくしはパパ大好きっ子です。
もし、両親に相談することがあれば、
相談は母ではなくパパにするくらいです。

そんなパパは
どちらかと言うと世話好きなおばちゃんって感じで、
いつも人の心配をしているような人です。
それでいて、無邪気で、でも男の背中も見せてくれます。

普段は甘えん坊で、
天然ボケみたいなところもありますので、
どちらかと言うと邪険に扱っております。

…が、そんな愛すべきキャラの
パパの強さと悲しさを見たことが何度かあります。

それは祖父が亡くなった時のこと。
わたくしが幼稚園のときでした。

当時のわたくしは
パパの置かれていた環境は知るはずもありませんが、
その時パパは
「泣いていない」のに「泣いて」いました。

祖父は心臓病だったのですが、
わたくしたちは、運良く死に目に会うことが出来ました。

なぜ、運良くかといいますと、
パパと祖父は仲たがいをして
長いこと会っていなかったからです。

パパと祖父が和解したのは、
祖父が亡くなった時なのです。
わたくし自身も祖父に会ったのは、その最後の1、2回だけです。

最後の最後で自分のパパと分かり合えたのに、
これで永遠のお別れなんて…

でも、男として涙をこらえていたんでしょうね。
子供ながらにひしひしと感じるんです。
この人の心は泣いているなって。号泣してるなって。

その時、
とりあえず子供たちは外にいなさいと言われたのですが、
その悲しみの大きさを感じて、返事も出来ずに何も言えずに、
わたくしは固まっていました…

人はこんな時、
誰でもそんな風にしてしまうのかもしれませんが、
わたくしは父の中に大きさを感じました。


ホーム サイトマップ